EXCEL設計書取り込みツール 2013 和歌山県版(プロテクタ方式)


【インストーラ】

 EXCEL設計書取り込みツール 2013 和歌山県版 2013年01月 - 20191107



【インストール説明書ほか】

ライセンス登録は自動認証となりインストール時のライセンス登録作業は不要となりました。 ただし、パソコンおよびインターネット環境等によっては自動認証されない場合があります。その際は表示された登録画面にてライセンスを手入力して下さい。
なお、自動認証されない原因については、テクノスツールズ・FAQ をご覧ください。

 EXCEL設計書取り込みツール インストール説明書(第2版)


【操作説明書】

 EXCEL設計書取り込みツール 2013  操作説明書(共通編)(第1版)


【その他説明書】

 EXCELマクロ有効化手順書

 PDF⇒EXCEL(瞬簡PDF変換9) 簡易操作説明書



【リリース】

-- 20191107 --
・施工パッケージの市場単価構成比率を取得できるように修正しました。

-- 20190403 --
・一部の単価表の取得に失敗し設計書全体が正常に取得できないケースに対応しました。
(対象データ: 平成31年度 道維修第4号-17 有田湯浅線道路維持修繕工事の第0-0001号単価表)

-- 20190326 --
・共通仮設費への積み上げ項目を取得し、直接工事費の最下部へ追記する処理を追加しました。 取り込みデータのレベル選択が「全ての単価表まで」であればすべての積み上げ項目が取得されます。 [諸経費計算]を実行後に該当箇所へコピーして利用できます。

-- 20190314 --
・EXCELにおいて「起動時にすべてのファイルを開くフォルダー」設定が有効となっている場合、ツールが起動できないケースに対応しました。

-- (20190214)インストーラのみの変更 --
・インストール先のドライブ変更に対応しました。ただしインストール・パスは固定となります。詳細はインストール説明書をご覧ください。

-- 20180723 --
・3本以上の工事が登録された設計書を変換しても全ての工事が抽出されない不具合を修正しました。
(対象案件:和歌山県 平成30年度 地特第19号-3 楠本小川線地方特定道路整備工事)
・瞬簡PDF作成10に対応しました。

-- 20180629 --
・和歌山県の設計書において施工内訳表の明細部に完全なる空行が存在すると正しく変換できない不具合を修正しました 。さらに工種明細表でも同様に処理されるように改良しました。
(対象案件:和歌山県 平成30年度 漁港海岸第1号 田辺漁港海岸漁港海岸整備(環境)工事)

-- 20180627 --
・和歌山市企業局の設計書において和歌山県とは名称等が異なるケースに対応しました。

-- 20180614 --
・和歌山市企業局の設計書において施工パッケージであるべき行の属性が単価表であると判断されることがある不具合を修正しました。
(対象案件:和歌山市企業局 平成30年度 第18000003号 加納浄水場更新用地周辺道路整備工事)

-- 20180605 --
・単価表の明細部に単位が空である行の影響で行数判断を誤る不具合を修正しました。
(対象案件:和歌山市 平成30年度 第18000020号 西脇19号線道路改良工事その3)
・和歌山市の設計書のように施工パッケージであることが明示されていなくても施工パッケージ属性を付加する、さらに単価表属性を適切に判断できる機能を追加しました。

-- 20180319 --
・施工パッケージの単価表に付記されたSPKGで始まるコードを取得する機能を追加しました。 これにより積算上での施工パッケージ工種の選択精度が向上します。

-- 20180118 --
・施工パッケージにて使用される材料の名称/規格を条件一覧に表示できる形式で出力する機能を追加しました
・ダウンロードサイトに掲載された説明書のページを表示できるボタン[説明書]をMENUシートに追加しました。
・本ツールの起動に時間がかかる場合でも名称等が入力できてしまうため、準備ができるまでツール起動中の画面を表示するように変更しました。
・略称に使用できない文字が存在した場合に削除する処理を追加しました。

-- 20170622 --
・本工事費内訳表のタイトル部において「本工事費2内訳表」のように数字などが差し込まれたケースに対応しました。これ伴い内訳表の最上部の位置する本工事費が本工事費2などのように数値等が付加されたケースにも対応しました。
(以上の対象工事:H29年度 道改交金第15号ほか 国道424号 道路改良(外)合併工事)
・規格情報にダブルコーテーションを含むケースに対応しました。
・単価属性となるべき行が工種属性に変換されてしまうケースに対応しました。
(以上の対象工事:H29年度ほか 急傾斜第38号 藤藪平地区急傾斜地崩壊対策工事)
・単価表でも条件一覧に規格情報が表示されるように改良しました。
・単位の置き換えをu⇒m2に変更しました。

-- 20170526 --
・本工事費直下の工種行が単価行になってしまうケースに対応しました。
 対象工事: 冬野(6)地区外小規模土砂災害対策合併工事
・誤ったライセンスが登録されても再度自動認証を実行するように改良しました。

-- 20161107 --
・一部の設計書において内訳表の明細を取得できないケースに対応しました。

-- 20161017 --
・工種行が3行で構成される場合、行判断を誤るケースに対応しました。
(工事番号:平成28年度 県交第5号-6 国道424号(外)交通安全施設等整備工事にて発生)

-- 20160824 --
・本工事費内訳表の対象ページ数の判断を誤るケースに対応しました。
・本工事費内訳表にて階層判断を誤るケースに対応しました。
・一部のデータが施工パッケージとして認識されないケースに対応しました。
(以上、工事番号:平成28年度小土砂 第15号、平成28年度県災防 第4号、平成28年度 小道改 第703号、平成27年度 道改交金 第202-31号-2にて発生)

-- 20160610 --
・PDFの各ページの下部に見えない文字が混在するケースに対応しました。
・EXCELへの変換後工種明細表(内訳表)の表題において本来一列で表現されるべきものが分割されるケースに対応しました。
  (例、工事番号:平成28年度県交 第1号)

-- 20160512 --
・工種が存在しない設計書に対応しました。
  (例、工事番号:平成28年度道維修 第8号−6)

-- 20160210 --
・瞬簡PDF変換9に対応しました。

-- 20151015 --
・ごく稀にしか発生しない不具合(累積12件)に対応しました。
・瞬簡PDF作成 の最新版 Ver.8.0.7 に対応しました。

-- 20150828 --
・『テクノスV2』施工パッケージ条件セレクタ機能強化版に対応しました。

-- 20141128 --
・施工パッケージ型の施工内訳表(第X-XXXX号単価表)を施工パッケージ属性に変換する機能を追加しました。
 ツールの初期状態では該当行を施工パッケージ属性に設定し、帳票番号の末尾に(SP)を付加します。
 これらの設定はMENUシート上にある次のチェックボックスで変更できます。
 □ 施工パッケージ行を単価表形式で出力(・・・)
 □ 施工パッケージ行の帳票番号の末尾に文字列(SP)を付加

・各種丸め設定の初期設定を見直しました。(積算上では特に影響はありません。)
・ダウンロードサイトの設定を変更しました。

-- 20140929 --
・地域振興部(農林系)の設計書に対応しました。
 農林系の形式では内訳表が階層化される可能性があるため従来は明細表形式で変換していた内訳表も単価表形式で変換します。
 それに伴い帳票番号テンプレートを変更しました。本インストーラ実行中に「データインストーラ」が自動起動されます。こちらのインストールも進めてください。
・単価表の表題部分の丸め設定を「システムの単価表設定」から「システムの単価表表題設定」に変更しました。

-- 20140724 --
・本工事費行の下に規格情報行が存在するケースに対応しました。
・本工事費内訳表に複数の工事が登録されている場合の切り分け処理の不具合を修正しました。
・各PCのデスクトップがDFSを利用して共有化されている環境にも対応しました。

-- 20140220 --
・Windowsのユーザー名に全角空白を含む場合、ライセンスが正常に認証できない問題に対応しました。

-- 20131224 --
・ライセンス登録は自動認証となり、自動バージョンアップ機能は強化されました。

 そのため自動認証によりインストール時のライセンス登録作業は不要となりました。 ただし、パソコンおよびインターネット環境等によっては自動認証されない場合もあります。その際は表示された登録画面にてライセンスを手入力して下さい。
なお、自動認証されない原因については、テクノスツールズ・FAQ をご覧ください。

-- 20130904 --
・「志賀川堤防改修工事」の本工事費内訳表において2行で構成される工種行が正常に変換されないケースに対応しました。

-- 20130724 --
・「御坊中津線道路改良工事」の本工事費内訳表において注釈行の影響でそれ以降が正常に変換されないケースに対応しました。

-- 20130708 --
・「御坊由良線交付金交通安全工事」の本工事費内訳表および工種明細表(内訳表)の一部が正常に変換されないケースに対応しました。

-- 20130522 --
・一部の工事において施工内訳表(単価表)の割り返し数量がすべて1になる問題に対応しました。
・本工事費内訳表において名称がヒューム管(半角4文字と全角1文字)の場合、階層判断を誤る不具合を修正しました。

-- 20130206 --
・2013年01月版をリリースしました。
 EXCEL2013対応となり、ライセンス管理方式をプロテクタ方式に変更しました。

本ツール群の使用には本ツールの購入ライセンスとは別にテクノス・プロテクタが必要です。