EXCEL設計書取り込みツール 2018 岐阜県版(プロテクタ方式)


2018年04月より変更された岐阜県新書式の仕様書に対応しました。 本バージョンは2013版とは異なるため、別のライセンスが必要です。



ツールのインストールについてはテクノランチャーをご使用ください。ランチャーを起動するとランチャーに未登録のツールが自動インストールされます。
なお、テクノランチャーのインストーラは次のリンクにあります。

⇒ テクノランチャーのダウンロード・サイトへ



    ※ ツールを個別にインストールする場合は
               ⇒ ツール単独のインストーラ へ






【操作説明書】

 EXCEL設計書取り込みツール 2018  操作説明書(岐阜県編)(第2版)


【変換オプション説明】

 変換オプション説明(岐阜県版)


【その他説明書】

 EXCELマクロ有効化手順書



【変更点】

-- 20210308 --
・単価表(間接費)シートの名称・規格列が2列(B列およびC列)で構成されるケースに対応しました。

-- 20200722 --
・施工歩掛表および単価表の表題部に記載された【4週8休】文字列の影響で分割された施工歩掛表および単価表を正確に結合できず、 工事全体を正確に変換できないケースに対応しました。
(対象案件: 羽島市 下 工第10号 面整備須賀他地区(その34)工事 ほか)

-- 20200116 --
・複数の工事が登録された設計書の変換において略称が,(半角カンマ)を含むと、変換結果のテクノス取り込み時にエラーが発生する不具合を修正しました。

-- 20190708 --
・共通仮設費の積み上げ分を取得する機能を追加しました。
 MENUシートの取り込むデータのレベル選択において[共通仮設費積上げ項目対応]を指定します。

-- 20190621 --
・岐阜県羽島市の仕様書において「共通仮設費」行以降の構成が、岐阜県の構成と異なるケースに対応しました。
(「共通仮設費(率計上額)」行や「共通仮設費計」行が存在しないなど)

-- 20190319 --
・工事内訳書に登録されている複数の工事を結合し同一のTBKファイルへ出力する機能を追加しました。
※複数の工事が存在する場合のみ、結合するか否かを問い合わせる確認画面が表示されます。[はい]を選択すると結合し[いいえ]を選択すると従来通り別々のTBKファイルとして出力されます。
 ただし、施工歩掛表、単価表および施工P単価表については同一の帳票番号が振られていても工事により異なる内容となることがあります。そのため依存する工事の情報を該当行の出典欄へ出力し、参照化に関しては帳票番号、名称および規格に加え出典の一致を同一条件としました。
・EXCELにおいて「起動時にすべてのファイルを開くフォルダー」設定が有効となっている場合、ツールが起動できないケースに対応しました。

-- (20190214)インストーラのみの変更 --
・インストール先のドライブ変更に対応しました。ただしインストール・パスは固定となります。詳細はインストール説明書をご覧ください。

-- 20190108 --
・単価表(SG00001)形式の帳票番号に対応しました。変換後は単価表SG00001と表記されます。 この変更に伴い帳票番号テンプレートも更新されます。
・施工パッケージの帳票番号が CB240010-(0001)であっても施工P単価表(CB240010-0001)と判断できるように改良しました。 この例では変換後の帳票番号は施工P単価表0001と表記され、摘要欄には施工パッケージコード CB240010が追記されます。

-- 20181207 --
・前回(20181206)の施工箇所点在工事への対応に加え、工事数と施工箇所数が一致しないケースにも対応しました。

-- 20181206 --
・施工箇所点在工事の設計書において、内訳書に明記された施工箇所の名称と単価表および施工パッケージに記載されている施工箇所の名称が異なる(例、内訳書では【石川工区】、単価表では【施工箇所01】で同一箇所など)ケースにも対応しました。

-- 20181128 --
・施工パッケージで使用されるすべての【材料】情報を取得できるように改良しました。

-- 20181121 --
・参考資料または仕様書において施工P単価表および施工歩掛表に関する詳細条件(J0*、J0*)が明記されている場合、これらの条件を取得するように改良しました。

-- 20181116 --
・施工箇所点在工事において各箇所の施工歩掛表および施工P単価表等が 【施工箇所01】 【施工箇所02】等により個別に設定されているケースに対応しました。

-- 20180926 --
・変換対象である参考資料のEXCELファイルに[単価表(施工単価)]および[単価表(未登録代価)]、[単価表(間接費)]シートが存在しない場合、意味不明なメッセージが表示される不具合を修正しました。

-- 20180723 --
・本ツールで変換されたTBKファイルがテクノスへ正常に取り込めない不具合に対応しました。
 単価の規格情報(900A×150A×20°0.5`17")にて " の処理を見直しました。 (対象案件: 平成30年度 岐水質第3002号 県営水質保全対策事業東幹線用水路第5号工事)

-- 20180606 --
・MENUシートの「取り込むデータのレベル選択」に実行されないレベルが表示されていたため修正しました。

-- 20180531 --
・内訳表での階層が先頭の本工事費を含み6階層であるケースにも対応しました。

-- 20180501 --
・2018年04月より変更された岐阜県新様式の仕様書に対応しました。


【インストーラ】

 EXCEL設計書取り込みツール 2018 岐阜県版 2018年04月 - 20210308




  旧書式に対応した2013版はこちらをご利用ください。
   ⇒ EXCEL設計書取り込みツール 2013 岐阜県版




【インストール説明書ほか】 ※ 2017を2018と読み替えてください。

 EXCEL設計書取り込みツール インストール説明書(第2版)



【ライセンス認証について】

初期インストール時のライセンス登録は自動化されています。
(2013年12月24日以降)

そのため、ライセンス登録作業は不要となりましたが、パソコンおよびインターネット環境等によっては自動認証されない場合があります。その場合のみ表示された登録画面にてライセンスを手入力して下さい。
なお、自動認証されない原因については、テクノスツールズ・FAQ をご覧ください。


本ツール群の使用には本ツールの購入ライセンスとは別にテクノス・プロテクタが必要です。