EXCEL設計書取り込みツール 2018 岐阜県版(プロテクタ方式)


2018年04月より変更された岐阜県新書式の仕様書に対応しました。 本バージョンは2013版とは異なるため、別のライセンスが必要です。

【インストーラ】

 EXCEL設計書取り込みツール 2018 岐阜県版 2018年04月 - 20190108



  旧書式に対応した2013版はこちらをご利用ください。
   ⇒ EXCEL設計書取り込みツール 2013 岐阜県版


【インストール説明書ほか】 ※ 2013を2018と読み替えてください。

ライセンス登録は自動認証となりインストール時のライセンス登録作業は不要となりました。 ただし、パソコンおよびインターネット環境等によっては自動認証されない場合があります。その際は表示された登録画面にてライセンスを手入力して下さい。
なお、自動認証されない原因については、テクノスツールズ・FAQ をご覧ください。

 EXCEL設計書取り込みツール 2013 インストール説明書(第2版)


【操作説明書】

 EXCEL設計書取り込みツール 2013  操作説明書(岐阜県編)(第1版)


【変換オプション説明】

 変換オプション説明(岐阜県版)


【その他説明書】

 EXCELマクロ有効化手順書



【リリース】

-- 20190108 --
・単価表(SG00001)形式の帳票番号に対応しました。変換後は単価表SG00001と表記されます。 この変更に伴い帳票番号テンプレートも更新されます。
・施工パッケージの帳票番号が CB240010-(0001)であっても施工P単価表(CB240010-0001)と判断できるように改良しました。 この例では変換後の帳票番号は施工P単価表0001と表記され、摘要欄には施工パッケージコード CB240010が追記されます。

-- 20181207 --
・前回(20181206)の施工箇所点在工事への対応に加え、工事数と施工箇所数が一致しないケースにも対応しました。

-- 20181206 --
・施工箇所点在工事の設計書において、内訳書に明記された施工箇所の名称と単価表および施工パッケージに記載されている施工箇所の名称が異なる(例、内訳書では【石川工区】、単価表では【施工箇所01】で同一箇所など)ケースにも対応しました。

-- 20181128 --
・施工パッケージで使用されるすべての【材料】情報を取得できるように改良しました。

-- 20181121 --
・参考資料または仕様書において施工P単価表および施工歩掛表に関する詳細条件(J0*、J0*)が明記されている場合、これらの条件を取得するように改良しました。

-- 20181116 --
・施工箇所点在工事において各箇所の施工歩掛表および施工P単価表等が 【施工箇所01】 【施工箇所02】等により個別に設定されているケースに対応しました。

-- 20180926 --
・変換対象である参考資料のEXCELファイルに[単価表(施工単価)]および[単価表(未登録代価)]、[単価表(間接費)]シートが存在しない場合、意味不明なメッセージが表示される不具合を修正しました。

-- 20180723 --
・本ツールで変換されたTBKファイルがテクノスへ正常に取り込めない不具合に対応しました。
 単価の規格情報(900A×150A×20°0.5`17")にて " の処理を見直しました。 (対象案件: 平成30年度 岐水質第3002号 県営水質保全対策事業東幹線用水路第5号工事)

-- 20180606 --
・MENUシートの「取り込むデータのレベル選択」に実行されないレベルが表示されていたため修正しました。

-- 20180531 --
・内訳表での階層が先頭の本工事費を含み6階層であるケースにも対応しました。

-- 20180501 --
・2018年04月より変更された岐阜県新様式の仕様書に対応しました。

本ツール群の使用には本ツールの購入ライセンスとは別にテクノス・プロテクタが必要です。