EXCEL設計書取り込みツール 2013 山梨県(森林環境部)版(プロテクタ方式)


ツールのインストールについてはテクノランチャーをご使用ください。ランチャーを起動するとランチャーに未登録のツールが自動インストールされます。
なお、テクノランチャーのインストーラは次のリンクにあります。

⇒ テクノランチャーのダウンロード・サイトへ



    ※ ツールを個別にインストールする場合は
               ⇒ ツール単独のインストーラ へ






【操作説明書】

 EXCEL設計書取り込みツール 2013  操作説明書(共通編)(第1版)


【その他説明書】

 EXCELマクロ有効化手順書

 PDF⇒EXCEL(瞬簡PDF変換) 簡易操作説明書

設計書PDFにてページが回転して(横向いて)いる場合は、瞬簡PDF変換でも正常にEXCEL変換できません。その場合は次の手順で回転を指示します。
 瞬簡PDF変換にてPDFページの回転を指定する操作の説明



【変更点】

-- 20201030 --
・共通仮設費の積上げ項目を取得する機能を追加しました。 [MENU]シートにある [取り込むデータのレベル選択]を[全て]に設定し、 取り込みを実行すると 直接工事費の最下部に積上げ項目が抽出されます。 変換結果であるTBKファイルをテクノスへ読み込み[諸経費計算]を 実行した後、 追記された行をコピーしてご利用ください。

・工事数量総括表および見積参考資料に複数の工事が含まれるケースにも対応しました。
・見積参考資料の最後尾にある単価表または施工パッケージの条件を取得できない不具合を修正しました。

-- (20200228) --
・瞬簡PDF変換11にて変換されたEXCELファイルでの正常動作を確認済です。

-- 20200117 --
・複数の工事が登録された設計書の変換において略称が,(半角カンマ)を含むと、変換結果のテクノス取り込み時にエラーが発生する不具合を修正しました。

-- 20190410 --
・EXCELにおいて「起動時にすべてのファイルを開くフォルダー」設定が有効となっている場合、ツールが起動できないケースに対応しました。
・施工パッケージ形式に対応しました。

-- (20190214)インストーラのみの変更 --
・インストール先のドライブ変更に対応しました。ただしインストール・パスは固定となります。詳細はインストール説明書をご覧ください。

-- 20180705 --
・ダウンロードサイトに掲載された説明書のページを表示できるボタン[説明書]をMENUシートに追加しました。
・本ツールの起動に時間がかかる場合でも名称等が入力できてしまうため、準備ができるまでツール起動中の画面を表示するように変更しました。
・略称に使用できない文字が存在した場合に削除する処理を追加しました。

-- 20160215 --
・瞬簡PDF変換9に対応しました。

-- 20151116 --
・2013年01月版をリリースしました。


【インストーラ】

 EXCEL設計書取り込みツール 2013 山梨県(森林環境部)版 2013年01月 - 20201030



【インストール説明書ほか】

 EXCEL設計書取り込みツール インストール説明書(第2版)



【ライセンス認証について】

初期インストール時のライセンス登録は自動化されています。
(2013年12月24日以降)

そのため、ライセンス登録作業は不要となりましたが、パソコンおよびインターネット環境等によっては自動認証されない場合があります。その場合のみ表示された登録画面にてライセンスを手入力して下さい。
なお、自動認証されない原因については、テクノスツールズ・FAQ をご覧ください。


本ツール群の使用には本ツールの購入ライセンスとは別にテクノス・プロテクタが必要です。